◎九星気学で占う今年の運勢


 

2017年(平成29年)丁酉一白水星中宮年運勢 


凶殺方位
五黄殺: 南
暗剣殺: 北
歳破:  東


★注意が必要な九星の人: 一白水星、六白金星、八白土星の人


★比較的好調な九星の人: 二黒土星、九紫火星の人


★好調な十二支の人: 丑、巳年生まれの人


★注意の必要な十二支の人: 卯年生まれの人
(※各々のこれまでの行動等によって、違いは出てきますが・・・)


★どんな年になる?
・外交問題、貧困問題、法律関連、ストーカー事件などクローズアップされそう。
・豪雨、大雪、水害に警戒が必要な年となりそう。
・キーワード: 困難、苦労、悩み、病気、交わる、流水、貧困、交際、外交等々


一白水星の人

運気的には強いが、吉凶相対する傾向にあり。精神的動揺が起こりやすい。
また、大きな変化が起こりやすい。
これまで好調だった人は、野心的にさらな事業の拡大を考える傾向あり。
ある人は、転職を考えるかもしれない。
いずれにせよ、慎重に慎重を重ねることが大切であり、後悔の種とならないように注意すること。
できればこれまでの業績を守り、堅実にいくことが得策である。


ニ黒土星の人

前年好調だった人は、さらなる自信もつき、仕事に前向き、かなり忙しくなりそう。
また、さらなる事業の拡大を試みる傾向もあり。
とにかく過労に注意し、休みをとることも大切にすること。
特に血圧、心臓の病気には注意のこと。
今年は、転業、ぜいたく、見栄を慎しむように心がけるとよい。


★三碧木星の人

気持ちに余裕が生まれ、趣味や遊びに比重を置きたくなる傾向あり。
それゆえどうしても支出がかさみ、赤字になりやすいので、注意のこと。
独身者は、結婚のチャンスに恵まれる。
一方既婚者には、愛情問題の起こりやすい。
心の緩みからくる失敗をしないように注意するとよい。


★四緑木星の人

変化運ではあるが、停滞感あって、余計に心のあせりが生じやすい。
実際なにかしらの変化が起こる。事業の縮小、あるいは拡大、整理等々、
人によって違いはある。
結論がなかなか出せない時は、前へ進むより現状維持が得策であることを心に留めておくとよい。
また、身近な人との問題が深刻化しやすい。
家族、親族、子供の事、相続問題など問題が出て、悩むことあり。慎重に対応するとよい。


★五黄土星の人

外に見えることと内情とに相違あって、精神的にいらいら感が募りやすい。
孤立、敵を作らないように心がけるとよい。
また、転勤、転任の話が出てきやすい時。それに伴う住居の移動も生じやすい。
転職を考えていた人なら、実際行動に移そうと決心する可能性大。
今まで隠れていたことが表沙汰になりやすい。
これまで結論が出せなかったが、ついに離婚という結論を出す人もありそう。
過去の努力、善行が認められ、賞賛される人もあり。
いずれにせよ、注目を浴びそうな年でもある。

 

六白金星の人

とかく視野が狭くなり、マイナス思考に陥りやすいとき。
そして、孤独感に陥りやすいとき。
あえて人との交流の場を多く持つようにするとよい。
答えが出ないなら、無理することなく、来年に持ち越すようにするとよい。
健康に留意が必要。とくに冷えからくる病気には注意すること。
表面には見えずとも、経済的苦労も増えそう。
今年は今までやってきたことを、地道にこつこつと努力でいこう。
実際の行動よりも計画で行くに限る。

 

七赤金星の人

なにかと働く意欲が増し、仕事を頑張る傾向あり。
経済的に安定している人ならば、さらに堅実に働こうする。
比較的安泰な年となりそう。
一方、古い事件が再び持ち出され、(なければ気にかけることはないが・・・)
苦境に陥る人もあり。
古い病気の再発に注意するとよい。
心に余裕をもって、他に尽くす気持ちを忘れずに行くとよい。それが将来の布石となり、必ずや報われることに。

 

★八白土星の人

プラス思考になり、何かしら新しい事を始めたくなる。
結果を急がずに、やり始めること自体が大切であると心に留めておくとよい。
あとで電池切れにならないようにやることが大切。
各々の日頃の行いによって違ってくるが、これまで隠れていたことが表面化しやすい。
悪いこととしては、脱税がばれたり、浮気がばれたり、潜伏していた病気の症状が出てくるなど。
今年は、感情的にならないように、言葉使いに注意して吉。

 

★九紫火星の人

運気的には上昇期。さらなる飛躍発展のチャンスあり。
何事も積極的に行って吉な年であるが、慎重に行くことが大切である。
くれぐれも身の丈にあった範囲で事を行うようにするとよい。
反対に消極的に行くとせっかくのチャンスを逃しやすい。
独身者には結婚の可能性大な年であるが、今年出会ったお相手なら、お相手をよく見極めることも忘れずに。

 


◎お問い合わせ


メモ: * は入力必須項目です