時代おくれ

ちらっとテレビを見ていたら、

若者に、「床の間」についてインタビュー。

今の若者は、「床の間」を知らなかった!

現代家屋には、畳もなく、床の間がないということで、しかたないかあ・・・。


さて、私。

中高年ですし、年齢より若く見られたりもしますが、

自分でいうのもなんですが、古い人間ですね。

時代おくれなんですね。


易を学んでいるっていうだけでも、、、

そうかもしれません。


古本屋さんで購入する本は、今は亡き先生の本ばかり。

昭和の易聖といわれる、加藤大岳先生等。


ですから旧漢字で書かれていたりする。

読めない漢字は、推測して読む。

(最近旧漢字を変換してくれるサイトがあるのを知りました)


つくづく昔の先生方は、すごいなあと思うのです。

時代があっていたら、教えをこうこともできたのに。悔やまれます。


私は、現代に大岳先生のような方がいるのか?知りません。

私が通った学校の先生も亡くなってしまいました。先生も知識豊富で、素晴らしい先生でした。


そんなわけで、私は、これからも「本物だ」と思う先生の本を読み返し、読み返し、、、


ですね。


時代おくれの占い(?)かもしれないけど、本物の占い(?)をめざして・・・